ソジャットヘナはメヘンディ完全対応です。本物のオレンジ色と本物の粘りをどうぞ。その2

サフランオレンジはメヘンディ完全対応です
トップページ > トピックス > ソジャットヘナはメヘンディ完全対応です。その2
トピックス ソジャットヘナの商品ご案内 手軽に美しくヘナケアしましょう ソジャットヘナご愛用のサロン様のご紹介 ソジャットヘナお取り扱い店ご紹介 ソジャットヘナのプロ向け講習会のご案内 ソジャットヘナが生まれる秘密 ソジャットヘナのfacebookページです ソジャットヘナサイトトップページ

Kohno Naomi 先生によるメヘンディ教室その2

メヘンディアーティストのスクールとして有名な楽癒館の講師、Kohno Naomi 先生によるメヘンディの「準備」を詳しく掲載します。
http://hennaart-rakuyukan.com/

メヘンディの魂、コーンを作ります セロファンをくるくると巻きます
9/メヘンディの善し悪しを左右する道具・コーンを作ります。テープを4切れ用意します。
10/セロファンをくるくると巻きます。巻き方のコツはnaomi先生のワークショップにぜひ参加してください。
先をピンで留めます テープで留めていきます
11/先にピンをさすことでごく細い孔を作ることができます。
12/テープを貼って孔の径を決めます。
内側にもテープをとめます コーンが完成しました
13/内側にもテープをとめます。
14/コーンが完成しました。
なめらかで美しいペーストを入れます 中の空気を抜きます
15/なめらかで美しいペーストを入れます。
16/中の空気をしっかり抜きます。
握るとこうなります コーンは、制作方法によって実に様々な種類があります。アーティストの手に一番しっくりくるコーンを作ることは、メヘンディの出来を大きく左右します。
17/このコーンは握るとこうなります。naomi先生の場合は、このサイズ感がご自身の描き方にマッチしており、使い勝手が良い道具、相棒になります。
18/コーンは、制作方法によって実に様々な種類があります。アーティストの手に一番しっくりくるコーンを作ることは、メヘンディの出来を大きく左右します。
コーンによる作品の違い コーンによって盛り上がりも変わります
19/コーンの種類によって、描かれた文様の表情が変わります。
20/コーンの種類によって、盛り上がり方も変わります。

ソジャットヘナ

トピックスの最初のページに戻ります→

女性100人によるソジャットヘナ体験直後のご感想→

アルファカット・日高のり子様インタビュー/ヘナとパーマの相性の謎を解く→

エリート美容室・酒井雅美様インタビュー/アルカリカラーとヘナの併用実験→

ヘナの品質について1→

ヘナの品質について2→

ハラール認証取得について→

メヘンディに対応する品質のご説明その1→

メヘンディに対応する品質のご説明その2→